講師紹介

ホーム  »  講師紹介

近藤 昌子(ヴァイオリン)

 大津市生まれ 6歳よりヴァイオリン8歳よりピアノ10歳よりNHK児童合唱団に入団 京都市立堀川高校音楽科を経て京都市立芸術大学卒業 岩淵龍太郎音楽監督京都室内楽協会他でソロ室内楽活動を京都、神戸で行う。オランダ・デンハーグ王立音楽院バロック科留学(91〜93年)サーティフィケートを取得し卒業 有田正広指揮東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパン等の古楽オーケストラで活躍(89年〜97年) 東京 福岡 栃木 大阪等の音楽祭 NHK芸術劇場 CD録音に参加 
ベートーヴェン交響曲全曲CD録音参加(クラシカル楽器使用テレマン室内オーケストラ08年)「近藤昌子室内楽シリーズバロックの魅力」NHK総合大津局放送出演(07年)
一方後進の指導にも力を注ぎ大阪府立夕陽丘高校音楽科講師を務めるなどコンクール入賞者や音高音大生を多数育てる。04年門下生中心に結成した「におの浜弦楽アンサンブル」でも音楽専門家や一般大オーケストラ部で活躍する生徒が育つ。最近では学校公演や病院(緩和ケア)での演奏も積極的に行う。
これまでに橋本寿子 岩淵龍太郎 バロックヴァイオリンをS.クイケン諸氏に師事
現在におの浜弦楽アンサンブルコンサートマスター

上田 康雄(チェロ)

京都市立芸術大学作曲科専攻 在学中にチェロを始める 故黒沼俊夫、岩淵龍太郎、平井丈一郎の各氏に師事 京都市交響楽団に13年在籍 オランダ・デンハーグ王立音楽院及びアムステルダム古楽アカデミー留学 サーティフィケートを取得修了
東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパン等の古楽オーケストラで活躍 
バロックチェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音奏者として参加 古楽アンサンブル「ザ・ガット・クラブ・バンド」主宰 バロックチェロを鈴木秀美、J.T.リンデン、ヴィオラ・ダ・ガンバを平尾雅子の各氏に師事 室内楽をW.クイケンに師事 
京都フィルハーモニー室内合奏団・立命館大学交響楽団弦楽部トレーナー・同志社女子中高校弦楽部トレーナー かがりホール音楽院チェロ科講師 
現在におの浜弦楽アンサンブル音楽監督 指揮者

大谷 聡子(ヴァイオリン)

4才よりヴァイオリンをはじめる  第1回、第2回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞及び奨励賞受賞 10歳~12歳オランダ在住中、ロッテルダム音楽院教授A.ノバック氏に師事 同志社国際中、高校を経て同大学英文学科卒業 2005~07年パリ・エコールノルマル音楽院留学 演奏課程ディプロム取得 フランスニース、ラ.ロワンテーヌ他国際音楽祭マスタークラスを修了 パリUFAM国際コンクール名誉部門3位
2008年テレマン室内オーケストラでベートーヴェン交響曲全曲CD録音に参加【クラシカル楽器使用】 これまでに辻井淳 工藤千博 A.グラール 千々岩英一 J.プーレ
森悠子の諸氏に師事 現在ソロ、室内楽、オーケストラで活躍
におの浜弦楽アンサンブルアシスタント
ヴァイオリン チェロ個人レッスン生徒募集中
お問い合わせ
ページの先頭へ